なりたい!しりたい!海上自衛隊
ホームリンクサイトマップ

自衛隊の階級

自衛隊には様々な階級があり、もちろん海上自衛隊にも階級があります。それぞれに階級章があり、階級章のほかに、海上自衛隊旗も様々なものがあります。順番に紹介していきましょう。

幹部

海上自衛隊幹部の中でも階級があります。将官、左官、尉官、准尉に大きく分けられ、そこからさらに細かく分類されていきます。

将官

将官は細かく3つに分類されます。

統幕議長幕僚長に就いた場合の階級です。統幕議長は、海上自衛隊、陸上自衛隊、航空自衛隊が持ちまわりで就任する、調整機関である統合幕僚会議の議長のことです。幕僚長は、制服組である海上自衛隊を統括するトップになります。外国軍隊では大将に当てはまります。

同じく『将』の位で、海将という位があります。これは軍でいえば中将に当てはまります。階級章は桜が3つのものになります。

将補

将補は、海上自衛隊の場合、『海将補』となります。軍でいえば少将の位です。将官の始めの階級になります。

左官

左官も将官同様、細かく3つに分類されています。

一佐の場合、一等海佐、二佐の場合は二等海佐、三佐の場合は三等海佐になります。軍では大佐、中佐、少佐になります。

尉官

尉官も3つに分類されていますが、その中の三尉では採用条件があります。

一尉の場合、一等海尉(大尉)、二尉の場合は二等海尉(中尉)、三尉の場合は三等海尉(少尉)になりますが、三等海尉の場合、防衛大学、一般大学、看護学生(女子)の22歳以上26歳未満の卒業者が採用の対象になります。現職の海上自衛隊員の場合、昇進対象は28歳未満になります。

准尉

海上自衛隊における准尉の位は、准海尉(准士官)になります。一般隊員の最高階級で、一般的な幹部自衛官は大学卒業者の三尉がスタートラインになります。

曹士

自衛隊の曹士の位は大きく2つに分けられます。さらにそこから細かく分類されていくことになります。

曹の位は細かく4つに分類されています。
曹長である海曹長は、旧日本軍の曹長に相当し、一曹である一等海曹は軍曹に相当、二曹の二等海曹は伍長に相当し、三曹の三等海曹は兵長に相当します。いずれも軍に当てはめると下士官になります。

『曹』は専門的な知識や技術が必要となるので、高校卒業者を対象とする、一般海曹候補学生の2年制の課程があります。

士の位も細かく4つに分類されます。

士長の位は海士長になり、旧日本軍の上等兵に相当します。一士は一等海士になり、一等兵に相当します。二士は二等海士になり、二等兵に相当します。一般的に、自衛隊を志願すると、この階級からスタートします。任期は3年で、基本的な訓練を受けたあとに昇進していきます。曹候補士の制度もあり、最初から三曹を目指すこともできます。三士である三等海士の位もありましたが、中学卒業者を対象としていた4年制の、江田島にある第一術科学校の自衛隊生徒が対象でしたが、最終期の生徒が全員二等海士に昇任しているため、三等海士の階級章をつける者はいなくなりました。

海上自衛隊旗章

海上自衛隊の艦艇に掲げる旗です。日の丸と自衛艦旗はご存知でしょうが、それ以外にも数多くの旗があります。

日の丸

言わずと知れた日本の国旗です。

海上自衛隊では『自衛艦旗』と同等の扱いになります。陸上の部隊ではメインの旗ざおに、艦艇部隊では艦首旗として掲揚されています。支援艇などはメインとして掲揚されます。

自衛艦旗

これは海上自衛隊のシンボルとも言える、自衛艦旗です。

自衛艦は自衛艦命名式で交付され、除籍式で返還されます。海上自衛隊では、最も神聖なものとされる旗です。

内閣総理大臣旗・防衛大臣旗

内閣総理大臣旗は紫地に金色の桜、防衛大臣旗が赤地に金色の桜の旗になります。艦艇に乗船されたときに掲げられます。

統合幕僚長旗

上の4つの桜は階級を表し、紋章は統合幕僚会議の紋章になります。

海上幕僚長

赤い4つの桜は階級を表し、イカリのマークは海上自衛隊の証になります。

将官指揮官旗

赤い桜が3つのものは海将旗、2つが海将補旗、1つが代将旗になります。指揮官になる将官が乗船する際に掲げられます。

隊司令旗

白地に赤い桜の隊司令旗(甲)と、上下に赤いラインの入った隊司令旗(乙)があります。護衛隊司令、潜水隊、輸送隊、練習隊司令が隊司令旗(甲)、掃海隊司令、ミサイル艇隊司令が隊司令旗(乙)になります。

先任旗

複数の艦艇が行動を共にするとき、艦軍の先任者が乗り込んで指揮する艦艇に掲揚されます。

長旗

艦艇の指揮官である、艦長・艇長が乗り込んで指揮をとるときに掲揚されます。

▲ このページの上にもどる

自衛官を目指せる学部・学科・コースから、資料請求してみよう。

無料で一括資料請求できるから、色々な学校から資料を取り寄せて、自分の納得できる学校を探してみて!

前のページ トップページにもどる 次のページへ


このページをブックマークする
Yahoo!ブックマーク  Google Bookmarks  はてなブックマーク  niftyクリップ  livedoorクリップ  del.icio.us