なりたい!しりたい!海上自衛隊
ホームリンクサイトマップ

イベント

自衛隊では様々なイベントが催され、海上自衛隊でも数多くのイベントを行っています。基地を一般に開放するなど、普段私たちが目にすることのないものも見ることができます。護衛艦が寄港した場所で、護衛艦内部を一般に公開することもあります。(機密部分は除く)

観艦式

観艦式は軍事パレードの1つで、現在は一般にも公開されている、軍艦を並べて壮行する式のことです。現在は3年ごとに行われ、国家の式典や海軍の記念行事の一環として行われることがほとんどです。各国でも行われていることで、世界的な方法として、受閲艦艇が停泊している間を観覧艦艇が航行する方法が取られていますが、海上自衛隊の場合、どちらも航行しながら観覧する方法が採用され、さらに展示訓練も加えられています。

この観艦式の目的は、味方の艦隊を観覧することで軍の士気を高め、有効勢力や国民に向けてはその強さをアピールすると共に、敵の勢力に対して威力や気勢を示すことが目的でした。

現在では、各国からの艦艇を招いて国際親善や防衛交流を促進したり、自分の国の国民に、海軍・海上自衛隊に対する理解を深めることを主な目的としています。

観艦式の起源

世界でみた観艦式の起源は、1341年の百年戦争の最中の頃でしたが、日本における観艦式の起源は1868年ですから明治元年のことです。大阪の天保山沖で行われ、明治天皇が陸上から観覧し、受閲艦艇は日本海軍が6隻、フランス海軍1隻でした。

その後、海軍の本隊である艦隊そのものを天皇陛下に供することで海軍の進歩を図るべきとされ、その結果、明治23年に神戸沖で行われた海軍観兵式が近代海軍としての観艦式の始まりと言われています。平成8年以降は、陸上自衛隊の『観閲式』、航空自衛隊の『航空観閲式』と、自衛隊記念日の行事の一環として、順番に行われるようになりました。

一般には艦艇の公開や、音楽隊の演奏なども行われています。執行者は自衛艦隊司令官が務めます。

観艦式の流れ

観艦式のおおよその流れを紹介しましょう。

全国各地の基地から、多くの艦艇が観覧式の行われる港を目指して出向します。観艦式当日には、各艦艇で一斉に自衛艦旗が形容され、観閲官(大概は内閣総理大臣)が搭乗する哨戒機が、実際の訓練に従って護衛官に着艦します。その後、数多くの護衛艦が隊列を組んで観閲を受けます。観閲艦とすれ違う受閲艦艇は自衛隊員が艦上に整列して、艦閲官に対して敬礼を行います。

数十機の航空機も観閲を受けます。平成18年度の観艦式の場合、28機の航空機が多様機UP-3Cを先頭に観閲を受けました。救難機が着水を披露したり、哨戒機からのIRフレアー発射などがされます。

訓練展示として、一番最初に祝砲が発射されます。対潜ロケット弾の発射などを護衛艦から行います。潜水艦による潜行・浮上も圧倒される眺めです。艦艇による洋上給油や甲板散水が披露されます。艦内では音楽隊による演奏が行われます。これらが数日に渡って行われます。

体験航海

海上自衛隊の各地方協力本部では、護衛艦の体験航海を行っています。申し込み制になっています。

護衛艦に乗って、海上自衛隊の隊員の人たちの仕事を見学するイベントで、1時間ほどの航海のほか、申し込み不要の艦内の一般公開や、搭載されているヘリコプターの操縦席なども航海されます。

数日間で家族連れなど、数万人が訪れる人気イベントになっています。

COLUMN〜イベント体験

海上自衛隊ではないのですが、航空自衛隊の飛行イベントに参加したことがあります。アメリカ空軍も参加しており、目の前で見る航空機のアクロバット飛行にはハラハラドキドキしました。

展示されているヘリコプターなども間近で見ることができ、普段できない体験でした。日本の零戦を再現したものもあり、アメリカ空軍の航空機と一緒に飛んでいるのを見て、胸の詰まる想いがありました。

近くの埠頭にはイージス艦が度々寄港して内部を一般公開していますし、陸上自衛隊の駐屯地もあるので、何かイベントがあったら今度は参加してみようと思っています。

▲ このページの上にもどる

自衛官を目指せる学部・学科・コースから、資料請求してみよう。

無料で一括資料請求できるから、色々な学校から資料を取り寄せて、自分の納得できる学校を探してみて!

前のページ トップページにもどる 次のページへ


このページをブックマークする
Yahoo!ブックマーク  Google Bookmarks  はてなブックマーク  niftyクリップ  livedoorクリップ  del.icio.us