なりたい!しりたい!海上自衛隊
ホームリンクサイトマップ

海軍カレー

その名の通り、海軍カレーは日本海軍に由来を持つカレーです。

小麦粉を炒めて作ったもので、現在海上自衛隊が航海中は、海上生活をしていると曜日の感覚が分からなくなってしまうため、航海中の毎週金曜日はカレーの日と決まっています。食事にカレーが出ると『今日は金曜日なのだな』と分かるわけです。基地の売店でも販売されていて、一般人からはレア物として、隠れた人気商品として知られています。

海軍カレーの歴史

明治時代に洋食文化が大量に日本に入ってきたときに、カレーも紹介されました。

大日本帝国海軍は、当時インドを支配していた大英帝国の海軍を模範として軍隊食を取り入れました。英国海軍は、シチューに使う牛乳が日持ちしないので、変わりにカレーパウダーを入れたビーフシチューとパンを主食にしていました。

当時の日本人にはビーフシチューやパンに馴染めなかったので、英国海軍が食べていたカレー味のシチューに小麦粉でとろみをつけたものをご飯にかけ、カレーライスが誕生しました。

海軍カレーの普及

日露戦争の頃、農家出身の兵士らに白米を食べさせることになり、調理が簡単で肉と野菜のバランスが取れている食事として、カレーライスを採用します。

海軍割烹術参考書にも掲載され、その普及につとめました。戦後、復員した兵士らがこれを広め、全国にカレーライスが広まりました。このことから、日本のカレーはインドのものとは違う、海軍カレーであるということが言えるでしょう。

冒頭でも紹介した通り、海上自衛隊では全部の部署で金曜日には曜日の感覚を取り戻すために、カレーライスを食べる習慣があります。かつては毎週土曜日に食べられていました。午後からの上陸や外出に備え、船内に残る人のために、食事の確保や片付けの簡便化のために取り入れていたと言われています。

神奈川県横須賀市では、街おこしとしてこの海軍カレーをアピールしています。

海上自衛隊カレー

海上自衛隊で食べられているカレーは、現在まとめて海上自衛隊カレーと呼ばれています。海軍割烹術参考書にオリジナルレシピはあるものの、各艦艇や部署ごとに、独自の秘伝レシピが代々伝えられていて、艦艇・部署ごとに作られるカレーは違い、同じ味やレシピは存在しません。『○○スーパーカレー』(○○は艦艇番号)などと呼ばれています。

現在では、海上自衛隊公式ホームページにおいて、『海上自衛隊レシピページ』が設けられ、カレーライスをはじめ、海上自衛隊の自慢料理の作り方が公開されるようになりました。

カレーライスだけでは栄養面で不足してしまうカルシウムや葉酸を補うために、牛乳やサラダ、たんぱく質を補うために卵、ビタミンC補給に果物などが加えられ、献立に工夫して栄養面を考えることは、海上自衛隊では当たり前のことになりました。

カレー人気

昔と違い、護衛艦には優れた冷凍貯蔵設備があり、食材の鮮度が維持され、カレーの味やコク、香り、ボリュームの4拍子が揃い、その全てが高レベルになっています。

各艦艇・部署で隠し味があり、赤ワインやミロ、コカコーラ、チョコレート、インスタントコーヒー、ブルーベリージャムなど様々です。この味に魅かれて海上自衛隊を志願する者もいるくらいで、職種を給養員として熱心に海軍カレーの伝統継承に取り組んでいる者もいるくらいです。

給養員は調理師や栄養士の資格を取得することもでき、海上自衛隊員として勤務の後、独立して成功した者もいるくらいです。

よこすか海軍カレー

海軍カレーで街おこしをしている横須賀では、『よこすか海軍カレー』というキャッチフレーズで都市アピールをしています。

日本海軍横須賀鎮守府が海軍カレーを採用し、全国に広がったと捉えられているからです。海軍割烹術参考書を下に、地元の商工会議所や飲食店などが、オリジナルの海軍カレーを再現するなどして、街おこしを行っています。

▲ このページの上にもどる

自衛官を目指せる学部・学科・コースから、資料請求してみよう。

無料で一括資料請求できるから、色々な学校から資料を取り寄せて、自分の納得できる学校を探してみて!

前のページ トップページにもどる 次のページへ


このページをブックマークする
Yahoo!ブックマーク  Google Bookmarks  はてなブックマーク  niftyクリップ  livedoorクリップ  del.icio.us